強度が高くて、飛距離も抜群な8本撚りPEラインのおすすめ

4本撚りとの異なるところは?8本撚りのPEラインと言いますのは?
8本撚りのPEラインは構築する細い原糸に8本の糸が使われているライン。

 

各メーカーから売られているPEラインの中においては4本撚りと8本撚りが多く、
各々性能や価格に違いがあります。

 

4本撚りは原糸に活用されている糸が4本となっているため、
8本撚りとは異なりややザラザラとしたアバウトな作りが特徴。

 

販売価格は安いものの、飛距離や強度面で8本撚りに劣る点がたくさんあり、
ラインとガイドがタッチすることによる音などマイナスポイントも多いです。

 

8本撚りは4本撚りとは異なり細長い原糸が使われているため、
ラインの質も高くしなやかです。

 

 

またガイドとの摩擦を減少させたため飛距離が出やすく、
巻き取り時に気にかかる音も少ないです。

 

そのため専門的なルアーフィッシングなどを堪能したい方などは
8本撚りのものを活用する方が非常に多いです。

 

 

自分自身に合ったラインは?8本撚りPEラインのセレクト方法

8本撚りのPEラインは各メーカーからさまざまなアイテムが売られています。

 

ここではそんな8本撚りのPEラインの選び方のポイントをカンタンにピックアップしていきます。
これから8本撚りのPEラインの購入を考えている方はぜひご参照ください。

 

 

 

予算を決定しよう!価格で選び出す8本撚りPEライン

8本撚りPEラインは4本撚りとは違って価格は高いものの、
流通しているメーカーやモデルによって価格帯に大きな相違があります。

 

最もここ何年かは4本撚りのラインと
同じ程度の低価格帯の8本撚りPEラインを販売するメーカーも広がりを見せているため、
予算が影響して8本撚りを断念していた方も安いモデルをしっかりとセレクトしたら、
購入することができます。

 

 

もちろん予算とは関係なく第一級のモデルを選びたい方は、
高価格帯のモデルを選択するほど、
バランスの良い飛距離や高感度に希望が持てます。

 

そのため購入するケースでは自分だけのスタイルにふさわしい予算を決めることが重要です。

 

釣りたい魚は何?魚種にふさわしい8本撚りPEライン

8本撚りのPEラインはルアーフィッシングでは最も大評判のライン。
そのため各メーカーからは各々の魚種に適した特性をもった専用モデルが市販されています。

 

あなた自身の狙いたい魚種だけにしぼったラインをサーチしている方は
専用のモデルを手に入れることがおすすめです。

 

 

もちろん1つのラインをさまざまな釣りで使用してみたい方には一般性の高いマルチゲーム用のモデルも発売されていますし、シーバス用のPEラインなどはソルトルアーゲーム全般に再利用できるものがいっぱいあるのでおすすめです。

 

 

なぜか見落としがちな8本撚りPEラインのカラー

8本撚りPEラインはそれぞれのラインによってカラーがバラバラです。
そのため自分に合った方法や魚種に合わせたカラー選びも肝心です。

 

ラインの動きをいつもながらチェックする釣りやライトゲームがメインになる
メバリングなどでは視認性の高いライン。

 

ルアーのあるレンジや飛距離をしっかりと明らかにしたい方は
メートル次第でカラーが異なってくるマルチカラーもおすすめ。

 

PEラインは先端部にショックリーダーを結束して費やすことがほとんどであるため、
ラインのカラーが魚にプレッシャーを与えるような状況は少ないので、
あなた自身の使いやすいカラーを選ぶことが必要です。

 

 

大人気の各メーカーのいちおし8本撚りPEライン

今回は各メーカーから販売されている
人気の8本撚りPEラインを入念に選んで紹介します。

 

ビギナーにおすすめのコストパフォーマンスの高いモデルから、
完成度の高い人気ラインまで多種多様に見ていくため、
8本撚りPEラインをお探しの方はぜひご参照くださいね。

 

 

シマノ ピットブル 8本編み

シマノ(SHIMANO)PEラインピットブル8本編み150mPL-M58R

 

長さ:150m
号数:0.8号
最大強力 lb(kg):18.3 (8.3)
カラー:ライムグリーン

 

ルアーキャスティング汎用PEライン「ピットブル」シリーズ登場

 

掛けたら逃がさないPEライン!テンションを掛け、
しっかりと編み込んだ8本編み工法「VT工法」採用。

 

シマノから発売されているコストパフォーマンスが抜群の8本撚りPEライン。
高額帯のモデルとは異なりやや太さが引っかかりますが、
低価格帯のアイテムの中では秀逸の品質。

 

さまざまなルアーフィッシングに応用できるため、
ビギナーにもおすすめです。

 

 

キャストしてもリーリングしても色落ちがなくトラブルもなくて今の所素晴らしいです。
バックラッシュしても高切れせずに耐えてくれました。

 

 

シマノ タナトル 8本編み

シマノ(SHIMANO)PEラインタナトル8本編み300mマルチカラーPL-F78R

 

主な釣り方:ジギング ライトジギング タイラバ テンヤ メタルスッテ サビキ
長さ:300m/号数:1.5号

 

シマノから発売されている船釣り用の8本撚りPEライン。

 

タナトルの名前でも判る通り、
棚を取りやすいマルチカラーが取り入れられており、
ライトジギングからタイラバ、テンヤなどバラエティーに富んだオフショアゲームにおすすめです。

 

ピットブル同様価格も安い価格で300メートル巻きながら
コストパフォーマンスも際立ちます。

 

 

クレハ シーガー PE X8

主な対応魚種:全魚種対応
素材:PE
全長:200m / 号数:0.8号 / 強度:18lb(8.2㎏) / 8本編み
カラー:10m毎 オレンジ・青・赤・緑・紫
素材:超強力ポリエチレン繊維(イザナス)
10m毎マーキング:Colorオレンジ・青・赤・緑・紫

 

シーガーから市場に出回っている8本撚りPEライン。

 

フロロカーボンラインにお馴染のシーガーですが、
2017年に発売されたPE X8は随分評判がよくて、
ピットブルに並んで8本撚りPEラインとしてスポットライトを浴びています。

 

リーズナブルながらトラブルが少なく、
リーダーとの結束力もセーフティーなラインであるため、
これからさらに活用するアングラーが増えていくことが想定されます。

 

10メートルおきのマルチカラーであるため、
レンジコントロールが不可欠のオフショアの釣りにもピッタリです。

 

ラインはいつもシーガーを使用しております。
自分の中では確かな腕を持つブランドです。
今回については一つテンヤ用に購入しました。
マーカーがとても見やすく棚取りがしやすいです。

 

 

デュエル ハードコア X8

素材:PE/全長:200m/0.8号/16Lbs
標準直線強力: 7kg
10m×5色マーキングシステム
糸径:0.153mm
サイズシール2枚付き

 

デュエルから販売されている8本撚りPEライン。

 

メイドインジャパンにこだわりを持ったシルキーパワー製法により円滑な仕上がりながら、
際立つ強度を謳っております。

 

エギングなどをメインとなって話題を呼ぶラインですが、
ショアジギングや大型のシーバスにおすすめの2.0号サイズも流通されており、
ソルトゲーム全てにおすすめのラインです。

 

このラインはメイドインジャパンなので安定感があり、
しかも他のPEラインより強いのでひとつ細い物を買っても充分かそれを超す強度があり大いに満足です。

 

 

ダイワ ライン UVF モアザンセンサー 8ブレイド+Si

主なターゲット:シーバス
素材:PE/全長:150m/13lb
ライムグリーン
参考号数:0.8

 

スーパーPE 比重0.98

 

UVF(Ultra Volume Fiber)加工(超高密度繊維加工)により、
耐摩耗性、強力、伸度(感度)がアップ

 

Evo Silicone加工(+Si)により、動摩擦係数を緩和し、
滑りが良く、飛距離アップやガイドとの糸鳴りも緩和

 

ダイワのシーバスゲームの人気ブランド”モアザン”から発売されている8本撚りPEライン。

 

ビッグサイズの魚種とやりとりすることになる
シーバスゲームにおいて絶対必要な強度、耐摩耗性能、遠投性能などを
高いレベルでできるようにしたアイテムです。

 

また極めて汎用性の高いラインとしても周知されており、
ソルトゲームは当然バスフィッシングなどに再利用して使う方も多い話題を呼ぶ8本撚りPEラインです。

 

淡水とはシックリくるのか10釣行でもコーティングはがれ無し。
0.6号のラインナップではこちらのラインがとりわけコストパフォーマンスがいい

釣り糸 ライン 種類

釣りやりませんユーザーを希望するなら釣り糸の違いというのにわのせいで間いかもしれないのですが、
合致するお家芸とは違いがあります。

 

ひとつ目、大まかに分類すると3種別の釣り糸が見られます。
ナイロンコース、フロロカーボンスリムさ、PE同列の3分類だと思われます。
個人毎に取り掛かり論評することをおすすめします。

 

ナイロン紐付に対しては釣り糸中に於いてはやはり普通で安い価格です。
そっと、柔らかなで糸のくせものの無料としていというのが性質があると言えます。

 

釣り糸と呼ばれるのはダイビング中には注ぎ入れたのですがどうなるのかのは
結構だけど重要事項だと断定できます。

 

率重けれど1.14で純正お水のようなものですからというもの、
水中で光の当たらない分け目と思います。
フロロカーボンベクトルと言われるのは通名フロロだと言えます。

 

ナイロンと比較すると少しの量値段が上がっているのだけれど、
簡単に硬質にて弾力感が存在します。

 

糸グセんですが存在が簡単な動きではないでしょうか。

 

強靭でて間れ瞳にも拘らず有に抵抗がないが原因で、
ハンドリングする実態を考えないとだめ。

 

弾力がない釣り糸という事はほころびが出る確率が高いようです順に、
すかさず揉め事に罹患してしまいいるのです。
重きを置いておくことが大切です。

 

さらには、パーセンテージ重というもの1.78そういう理由で、
ミネラルウォーターにおいては沈みましょう。

 

こってりとした部位に活き活きした魚をターゲットにする時点では、
フロロカーボンにお願いすることが考えられます。

 

灯の屈際の確率の違いは糸とは言え理解しやすいor違うのかの違いとなっているのです。
何が何でも日の当たらないほうが魚とすると考えづだろうと思いますれ辛いんですよ。

 

結論の階級のPE手段についてはポリエチレン方法だということです。

 

何と言っても高めです行ない、
激しさでさえ人気ナンバーワン進化を遂げて見られます。

 

でかい魚を拾うことを目論んでのルートと思いれば誤っているということはありません。
版み込み糸なんで温和にふにゃふにゃので強弱もある。

 

老練な魚釣りする人と言われるのは
PE判断基準を利用したごった返すものなのです。